グランデロゴ

ソファー・ベッドなど激安家具通販サイトのグランデ [本店]

新規会員登録画面へ

ITEM SEARCH

収納の少ない単身者向けマンションに便利なベッド

 家具には、その家具ならではの役割があります。一つの家具がいくつもの役割を兼用することは、構造的に難しいのです。例えば、食器棚は、食器を収納するためには有効ですがソファにはなりません。テーブルは物を置くのには便利ですが、その上に寝転んでも気持ちよくは眠れないでしょう。 しかし、ベッドは違います。ベッドに求められる機能は「快適な睡眠環境を提供すること」ですが、実はそれ以外にも様々な機能が付随している多機能ベッドがあるのです。機能を兼用すれば、置く家具の数や種類を少なくすることができるので、部屋の大きさを有効に活用することができます。特に、間取りにあまり余裕がない単身者向けマンションに住んでいる方におすすめです。 では、具体的にどのような機能の兼用ができるベッドがあるのかをご紹介していきます。


収納スペース付きの「収納ベッド」で、快適な眠りと快適な室内空間を

 単身者向けマンションに住んでいる人に特におすすめしたいのが、収納機能がついた多機能ベッド。いわゆる収納ベッドです。収納ベッドは、寝るための機能はそのままに、ベッドフレーム下部の空白スペースに収納棚を設けてあります。小物や衣服、本などを収納することができるので、横になりながら読んだ本をつい枕元に置きっぱなしにしてしまう、というような癖がある人でも、ベッド周りをすっきりした状態に保つことができます。冬の寒い朝、ベッドを抜けだして着替えをするのは大変ですが、ベッド下部に服を収納しておけばちょっと横着な真似をすることだってできます。 最大のメリットは、何といってもタンスや棚など、収納を期待する家具の代わりになるということです。収納ベッドは、ベッドと収納棚が融合した家具。これ一つで、ベッドにもなるし棚にもなります。そのため、広さにあまり余裕がない単身者向けの部屋でも、家具に圧迫されない生活を送ることができるのです。


収納時にはぴったりと隙間の埋まる収納ベッドを

 そんな収納ベッドを選ぶ際に注意したいのは、ホコリ対策ができているか、ということ。オフシーズンの衣服や読み終わった本を収納することも多いベッド下部の収納スペースは、放っておくとホコリが積もってしまいがち。取り出そうと思って棚を引き出したら、入れておいたものが一面灰色になっている、なんてこともありえる話です。


 一般的な収納ベッドの収納スペースは、取り出しやすいように完全な密閉状態ではなく隙間が空いていることも珍しくなく、ホコリが入り放題、積もり放題なのです。そこで、収納時にはぴったりと隙間の埋まる収納ベッドを選びましょう。それでいて、取り出しやすいよう工夫されているものがおすすめです。収納棚の下部に車輪がついていて、引き出すときに抵抗なく動かせるようなものだと便利です。当たり前のようですが、とても重要なことなので、収納ベッドを選ぶ際には必ずチェックしましょう。


 通販で購入する際には、実際に見て判断することができないので、商品の紹介ページでホコリ対策についてしっかり記載されているかどうかで判断しましょう。可能であれば、一度店頭に置いてある同タイプの収納ベッドを見ておいて、実際の様子を確認しておくと買ってから後悔する、というようなことも防げます。

商品検索

▼カテゴリから選ぶ


▼カラーから選ぶ


▼価格


▼商品番号


▼キーワード


在庫ありのみ検索